たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

積水ハウス(1928)の2018年1月期第2四半期決算

積水ハウス1928)の20181月期第2四半期決算が本日(9/7)に発表されました。結果は、売上高が前期比+6.3%、四半期純利益が前期比+17.2%と増収増益となりました。39日に発表された当期の業績予想では、第2四半期は減益を見込んでおりましたので、予想よりも良い結果となりました。

 

f:id:tamtam0824:20170907214104p:plain

 

業績予想に対する進捗率は、売上高が47.1%、当期純利益47.7%となっています。売上、利益とも進捗率が50%を割っていますが、第2四半期時点では業績予想を上回るペースで進捗していますので、まずまずの結果と言えるでしょう。

 

f:id:tamtam0824:20170907214118p:plain

 

また、通期の業績予想のうち、経常利益のみ196,000百万円から200,000百万円へ上方修正されました。82日に分譲マンション用地の購入に関する取引事故として、地面師による詐欺被害に遭ったことが発表されましたが、当社の規模からすれば63億円くらい大したことはなさそうです。