たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

スターアジア不動産投資法人(3468)の2017年7月期決算

少し時間が経ってしまいましたが、スターアジア不動産投資法人3468)の20177月期決算が913日に発表されました。結果は、営業収益は前期比+59.2%当期純利益は前期比+70.8%と大幅な増収増益となりました。

 

f:id:tamtam0824:20170925191258p:plain

 

その結果、1口当たり分配金は4,423円と、前期比+1,311円となりました。

 

f:id:tamtam0824:20170925191314p:plain

 

20181月期の業績予想は、営業収益が▲2.5%当期純利益が▲2.7%と若干の減収減益で、分配金は4,039円となっています。ここまでは許容範囲と言えますが、20187月期の業績予想で分配金が2,750円と大幅に減少しています。分配金減少の大きな要因は、現時点で20187月期に不動産売却益を見込んでいないことのようです。つまり、売却益がない場合、これまでのような高い配当を維持することは難しいようです。

 

f:id:tamtam0824:20170925191333p:plain

 

本日の終値101,200円なので予想分配金利回りは6.71%とそれなりに高い水準ですが、今後の分配金額の水準に不安があることから、本日売却を決めました。この週末に気付いたのですが、今後は保有銘柄の決算発表はちゃんとチェックしなければと反省しています。

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com