たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

Oneリート投資法人(3290)の運用状況及び分配金の予想の修正

本日(10/11)、Oneリート投資法人3290)が運用状況及び分配金の予想の修正を発表しました。

 

20182月期については、当期純利益1,152百万円から1,588百万円へ37.8%上方修正され、1口当たり分配金も6,090円から7,860円へ29.1%増額されました。

 

f:id:tamtam0824:20171011214738p:plain

 

当法人はJタワーの譲渡による不動産売却益を724百万円計上するほか、資産の入れ替えやリファイナンスによる金融コストの圧縮を進めており、大幅な増益予想となっています。

 

さらに20188月期についても高い水準の分配金を予想しています。

 

f:id:tamtam0824:20171011214752p:plain

 

本日の終値218,000円なので、分配金利回りは6.59%となります。当法人の開示資料では、資産の入替え、負債の入替え、内部留保といった一連の取り組みによって、巡航期の1口当たり分配金を年間13,000円とするとしています。みずほグループがスポンサーになったことによって、利回り向上に向けた様々な取り組みが効果を発揮しているようです。

 

f:id:tamtam0824:20171011214802p:plain

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com