たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ウェルネット(2428)の2018年6月期第1四半期決算

ウェルネット2428)の20186月期第1四半期決算が1031日に発表されました。結果は、売上高が前期比▲12.2%、四半期純利益が▲61.2%と大幅な減収減益となりました。

 

f:id:tamtam0824:20171101211233p:plain

 

当社は20167月から20216月までの新中期5か年計画を発表しており、フィンテックの急速な進展、実用化、IoTの利活用等の大きな環境変化を新たなビジネスチャンスに変えるための投資を積極的に行うことで、最終年度には経常利益50億円を目標する成長戦略を掲げていますが、足下の業績は惨憺たる結果です。しかも20186月期の業績予想については業績に与える未確定な要素が多いため現時点では未発表としています。

 

あくまでも長期的な成長を期待して、目先の四半期決算に目くじらを立てても仕方がないのかもしれませんが、決算短信を読んでも減収減益の理由には全く触れられていませんので、その点ではきわめて不親切だと感じました。

 

配当については中期経営計画において配当性向50%以上とし、50円に満たない場合は50円を配当するとしています。この決算で失望売りがでれば、高い配当利回りと、若干の成長期待から少し買い増そうかと思っています。

 

 

tamtam-blog.hatenablog.com