たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

IBMから配当金が入金されました

IBMから配当金が入金されました。1株当たり配当金が1.5ドルで、165保有していましたので、源泉税を差し引いて177.51ドルです。

 

320日の終値156.20ドルですので、配当利回り3.84%です。当社の安定したキャッシュフローと、AIや量子コンピューターの将来性の期待からしばらく保有していましたが、株式市場の先行きの不透明感から、今週に入り全て売却しました。

 

売却代金で購入したのはドミニオンエナジーD)、iシェアーズ米国優先株式ETFPFF)、iシェアーズ・コア米国高配当株ETFHDV)です。ドミニオンでは大きな含み損を抱えており、時々難平買いをしていますが、なかなか報われません。

 

IBMを売却して、ドルベースでの損益は若干のプラスでしたが、購入時より円高に振れていたため、円ベースでは損失となりました。円高が進むと米国株の円建て評価額が目減りしてしまうので、あまり嬉しい気持ちにはなりませんが、円高のタイミングで米国株を売却すると、ドルベースでは利益が出ても税金がかからないというメリットがあります。僕は当分円転するつもりはありませんので、円高の間は税金を気にせずに銘柄を入れ替えながら、ドルベースの評価額を増やしていくことに集中していきたいと思います。