たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年4月27日)

運用資産 63,844,332

対先週末 +425,585円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 ▲923,795円

(うち入出金 ±0円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 18,068,500円 28.3%

日本株(割安成長) 4,304,200円 6.7%

J-REIT 12,862,900円 20.1%

米国株(E) 12,008,869円 18.8%

米国株(FI)  12,579,045円 19.7%

新興国債券 3,626,000円 5.7%

現金 394,818円 0.6%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20180428082933p:plain

 

今週はアメリカで一時米国債利回りが3%を超えたため、米国株はパッとしませんでしたが、日本株の方は、為替レートが109円台に戻ってきたことや好調な決算発表で、米国株の下げの影響をほとんど受けなかったようです。

 

僕のポートトフォリオは相変わらず微増に終わりました。今週は4月決算のトーセイ・リート投資法人3451)や投資法人みらい(3476)の配当落ちがありましたので、その割には良かったと言えます。個別銘柄ではウエスHD1407)が好調を維持しています。やっと正当に評価されるようになって嬉しい限りですが、次の四半期決算では利益での改善を示さないと元の位置に戻るリスクはあります。一方、キヤノン7751)はダメでした。第1四半期決算はそんなに悪いとは思いませんでしたが、期待外れと評価されると容赦なく売られてしまいますね。

 

今週から日本株を、これまでの長期保有目的の高配当株と最近始めた比較的短期目線の割安成長株に分けて集計するようにしました。割安成長株の方は恐る恐る投資しているような状況ですので、これから勉強を重ねていきたいと思います。