たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

シュッピン(3179)の2018年3月期決算

シュッピン(3179)の20183月期決算が本日(5/8)に発表されました。結果は、売上高は前期比+23.7%、当期純利益は前期比+45.4%と大幅な増収増益となりました。25日に既に業績予想の情報修正が発表されており、ほぼ予想通りの数字となっています。当社は高成長企業と評価されていますので、当然と言えば当然の結果でしょう。

 

f:id:tamtam0824:20180508224117p:plain

 

20193月期の業績予想は売上高が+14.4%、当期純利益+16.1%とやや物足りない水準となっています。当社に対する期待からすれば、当面は売上利益ともコンスタントに20%以上の成長を続けてもらいたいところです。

 

f:id:tamtam0824:20180508224129p:plain

 

セグメント別の状況を見ると、主力のカメラ事業以上に時計事業が大きく伸びています。また、販売チャネル別では、EC売上が大きく伸びていることがわかります。

 

f:id:tamtam0824:20180508224139p:plain

 

一方、売上の伸びに対して経費率は低下しており、経営効率が上がっていると言えます。これは利益率の改善につながるので、良い傾向です。

 

f:id:tamtam0824:20180508224157p:plain

 

また、決算発表とあわせて中期経営計画を発表しました。今後3年間の数値目標ですが、売上高は毎期15%程度の伸びを計画しています。本日の終値1,299円で、本日発表された予想EPS52.25円ですから、PER24.9倍になります。明日の株価はどのように反応するかはわかりませんが、大きく下げるようなことがあれば買っていきたいと思います。

 

f:id:tamtam0824:20180508224215p:plain