たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年5月11日)

運用資産 64,395,224

対先週末 +238,749円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 ▲372,903円

(うち入出金 ±0円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 16,120,050円 25.0%

日本株(割安成長) 5,666,100円 8.8%

J-REIT 12,906,700円 20.0%

米国株(E) 11,935,882円 18.5%

米国株(FI)  12,845,121円 19.9%

新興国債券 3,528,000円 5.5%

現金 1,393,371円 2.2%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20180512074618p:plain

 

今週は、市場では日本株も米国株も好調でしたが、僕のポートフォリオはいまひとつといった結果でした。ウエスHD1407)がこれまでの上昇の反動で大きく下げたほか、米国の金利上昇や円安を受けて新興国債券がジリジリと下げてきています。先日記事にも書きましたが、ドミニオン・エナジー(D)もなかなか下げ止まりません。

 

こうした状況を受けて、比較的短期志向である日本株の割安成長株以外でも、銘柄を少し入れ替えました。米国株では、ドミニオン・エナジー(D)を一部売却してAT&TT)とセンチュリーリンク(CTL)を購入しました。日本株では、ウエスHD1407)を一部売却してNTTドコモ(9437)を購入しました。今は最近パッとしない上場インデックスファンド新興国債券(1566)を売ろうか持ち続けるか迷っています。