たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年5月25日)

運用資産 64,395,766

対先週末 ▲669,234円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 ▲372,361円

(うち入出金 ±0円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 16,779,000円 26.1%

日本株(割安成長) 6958,800円 10.8%

J-REIT 12,831,200円 19.9%

米国株(E) 11,788,534円 18.3%

米国株(FI)  12,918,577円 20.1%

新興国債券 1,479,000円 2.3%

現金 1,640,655円 2.5%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20180526081613p:plain

 

今週は久し振りに厳しい一週間でした。結果を見れば、資産残高は先週末に対して1%の減少に止まりましたが、個別銘柄を見ると大きく下げたものもあり、ストレスの溜まる一週間でした。

 

日本株のうち高配当株では、JT2914)やキヤノン7751)が含み損を拡大していますし、日産自動車7201)やあおぞら銀行8304)も大きく下げました。割安成長株では、夢真HD2362)が大した理由もなく今週だけで9%も下げて苦しんでいます。一方、エボラブルアジア6191)やプレミアグループ(7199)が大きく上げたので、分割して利確を進めています。この2銘柄のお陰で、今週は傷口が思ったより小さかったようです。割安成長株は値動きが激しいので、僕の性格上、長期投資よりはスイングトレードがしっくりくるように思います。投資期間をどう考えるかはこれからの課題だと思っています。

 

新興国債券はドルの金利上昇や地政学リスクを考え、一部売ることにしました。元々ポートフォリオの中での割合は小さかったので、同水準の配当利回りの他の資産、例えばREITで代替しても良いと考えています。