たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年6月22日)

運用資産 64,305,884

対先週末 ▲489,972円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 ▲462,243円

(うち入出金 ▲1,000,000円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 17,180,800円 26.7%

日本株(割安成長) 7,663,200円 11.9%

J-REIT 13,800,500円 21.5%

米国株(E) 12,007,496円 18.7%

米国株(FI)  12,982,149円 20.2%

現金 671,739円 1.0%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20180623070444p:plain

 

米中貿易戦争に対する懸念が重くのしかかり、今週は苦しい相場でした。個別銘柄ではかなりやられているものがあり、全くダメかと思っていましたが、集計してみると思ったよりはダメージが小さかったです。これは、このような市場環境の中、保有している日本株の中で、なぜかJT2914)だけは好調でしたし、J-REITも堅調に推移してくれたおかげです。相場が下げた時に耐性があるのが高配当株への分散投資の強みだと実感します。

 

そうしたまったりとしたポートフォリオにスパイスを加える形で始めた割安成長株投資ですが、対象銘柄が小型株中心ですので、乱高下が激しく、今週はまさに相場の荒波に揉まれたという感じでした。下げていく中でどんどん買い増していき、多少の含み損はありますが、これが来週吉と出るか凶と出るか、楽しみにしたいと思います。

 

また、これまで高配当株のカテゴリに分類していたウエスHD1407)を割安成長株に変更し、高配当株として新たに日本郵政6178)を購入しました。ウエスHD4月の後半から5月にかけて急騰しましたが、気が付けば急騰前の水準に戻りつつあります。ウエスHDは次の四半期決算で良い進捗が確認できればまた大きく上がると期待しています。