たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

監視銘柄決算メモ(2018年7月前半)

7月の前半に発表された割安成長株の監視銘柄の決算発表のうち、主なものについてコメントをまとめてみました。決算に対する評価はあくまで僕の主観なので、投資判断は自己責任でお願いします。

 

 

エストHD(1407

7月13日、2018年8月期第3四半期決算

売上高前期比+55.2%、営業利益前期比+48.8%

第2四半期は電力小売事業で計画を大きく上回る受注があったため売上高は大きく増加したものの、日本卸売電力取引所での電力の仕入原価が高騰したため、営業利益は減益となった。第3四半期はこれを挽回し、会社予想に対する進捗率は昨年を上回り、個人的には期待通りの決算。ただし、利益は4Q偏重のため、業績予想達成の不確実性は残る。

 

DDホールディングス(3073

7月13日、2019年2月期第1四半期決算

売上高前期比+60.5%、営業利益前期比▲16.2%

M&Aの影響で売上高は大きく伸びるも営業利益は減益。ただし会社予想でも2Qまでは増収減益予想であり、想定の範囲内か。ただし、飲食事業の既存店売上高の前年割れが続いているのが懸念材料。

 

三栄建築設計(3228

7月13日、2018年8月期第3四半期決算

売上高前期比+8.4%、営業利益前期比▲9.8%

会社予想に対する進捗ペースは昨年を下回っているが、当社の業績は4Qに偏重しており、業績予想は修正せず。確信が持てないのでしばらく様子見だが、会社が言うように本当に業績予想を達成すれば大きなサプライズになるかもしれない。

 

薬王堂(3385

7月5日、2019年2月期第1四半期決算

当期より連結決算開始のため、決算短信では前期との比較はないが、実質的に増収減益。ただし、前期は受取補償金253百万円があったため、これを除けば実質的には増益。進捗ペースはほぼ前期並み。悪くない決算だったのに翌日急落したので少し買ってみるも、もともと成長性に対して株価が高すぎると思っていたので、少し上げたところで売却。

 

京進(4735

7月9日発表、2018年5月期本決算

売上高前期比+32.7%、営業利益前期比+7.6%

売上高は会社予想を達成するも営業利益は若干未達。保育園開園のための寄付金の発生や繰延税金資産の一部取り崩しにより利益未達も、7月6日に業績予想修正を発表しておりサプライズとならず。2019年5月期予想は売上高、営業利益とも四季報予想並み。ただし、経常利益、当期利益は四季報予想を下回る。

 

Gunosy(6047

7月12日発表、2018年5月期本決算

売上高前期比+44.7%、営業利益前期比+27.8%

6月29日に業績予想の修正を発表し、売上高は会社予想を超えるものの営業利益以下は下方修正。「グノシー」のユーザーの継続率が想定を下回って苦戦、さらに投資先の業績悪化で有価証券投資評価損を計上。業績予想の下方修正と同時にサイバーエージェントとの合弁会社設立を発表。7月12日に発表された2019年5月期予想はほぼ四季報予想並みだが、事前の期待を大きく上回る。同時にAIやブロックチェーン関連の投資育成事業開始を発表。決算と新規事業のリリースが相次ぎ株価が乱高下した後、13日の株価はストップ高。この動きには全くついていけず。

 

イカレント・コンサルティング(6532

7月13日発表、2019年2月期第1四半期決算

売上高前期比+16.8%、営業利益前期比▲28.8%

コンサル案件の受注が拡大して売り上げは伸びたものの、それ以上にコンサルタントの採用、研修コストが嵩んだことなどから減益となった。コンサル会社の場合、急成長の過程では人材への先行投資が必要となるため、やむを得ないと思われる。市場がネガティブに反応して株価が大きく下げるようなことになれば買い増しも検討。