たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年7月27日)

運用資産 65,490,351

対先週末 +723113円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 +722,224円

(うち入出金 ▲1,000,000円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 16,106,050円 24.7%

日本株(割安成長) 3,661,500円 5.6%

J-REIT 13,202,100円 20.2%

米国株(E) 12,525,518円 19.2%

米国株(FI)  13,228,084円 20.3%

現金 6,545,199円 10.0%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20180728085426p:plain

 

今週は、日経平均はほぼ横ばいでしたが、中小型株が好調のようでしたね。その流れで、僕も割安成長株は利確を進めていき、残高がかなり減ってきました。さらに、JT2914)はこれまでナンピンして持ち株が増えすぎたと思っていたので、株価が少し戻ってきたところで300株だけ売りました。

 

持ち株の中では、日産自動車7201)とキヤノン7751)の四半期決算が発表されました。すでに簡単な記事にしていますが、日産自動車は減益、キヤノンは増益だったものの通期予想が下方修正となりました。これらの内容は予想の範囲内だったのか、いずれも市場の反応はわずかでした。キヤノンは僕の持ち株の中では含み損率が断トツのNo.1で▲14%を超えていますが、当面は株価が大きく浮上することはなさそうです。