たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年9月7日)

運用資産 64,134,913

対先週末 ▲776,150円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 ▲663,214円

(うち入出金 ▲1,500,000円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 15,429,600円 24.1%

日本株(割安成長) 5,122,700円 8.0%

J-REIT 12,897,200円 20.1%

米国株(E) 13,013,660円 20.3%

米国株(FI)  13,391,083円 20.9%

現金 4,280,670円 6.7%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20180908081523p:plain

 

今週は、結構やられました。ポートフォリオ全体では先週末と比べて1.2%のマイナスですが、日本株だけで見ると酷い状況です。高配当株も成長株もボロボロで、日本株に対しては悲観的な気持ちしか持てません。

 

一方REITは若干下げながらも動きは安定していますし、米国株は堅調に推移しています。これらのおかげで、かなり助けられています。このような状況では、米国株は長期保有をしていればいつかは報われるイメージを持てますが、日本株は少し利益が出たらすぐに逃げないとすぐに下げてしまうという短期志向にならざるを得ません。

 

日本株ではキヤノン7751)、あおぞら銀行8304)、JT2914)が含み損率上位で、そのうちキヤノンはとうとう含み損率が▲18%を超えてしまいました。悲観的要素を挙げればキリがありませんが、そんなに悪い会社とは思えないのですが。。。今は愚痴とため息しか出てきません。