たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年10月5日)

運用資産 65,687,001

対先週末 ▲428,650円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 +918,874円

(うち入出金 ▲1,500,000円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 24,934,400円 38.0%

J-REIT 12,371,600円 18.8%

米国株(E) 13,565,540円 20.7%

米国株(FI)  13,261,771円 20.2%

現金 1,553,690円 2.4%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20181006094217p:plain

 

今週は数字以上にやられた印象の強い一週間でした。米国株は、米国債利回りが上昇したことを受けて、金利感応度の高いPFFARCCの株価がそこそこ下げましたし、日本株は、短期目線では比較的ポジションの大きい夢真HD2362)や今週初めて買ったGMOフィナンシャルHD7177)などが大きく下げ、自分のセンスのなさを感じています。

 

GMOファイナンシャルHDについては、親会社による株式の売り出しの影響だと思われるので、一時的なものだと思いますが、夢真HDについては、開示されている資料からではこの時期に大きく下げる理由はよくわかりませんので、我慢しながら買い増しも考えていきたいと思います。ニュースがないのに株価が下げ続けると、マーケットが自分の知らない材料を織り込んでいるのかもしれないと不安になってくるものです。株価の下落をバーゲンセールと捉えるか将来の業績悪化の前兆と捉えるか、判断は常に難しいところですが、だからこそ分散投資を心掛けつつ、自分の分析を信じていきたいと思います。