たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ウエストHD(1407)の2018年8月度決算

エスHD1407)の20188月度決算が本日(10/12)に発表されました。結果は、売上高が前期比+60.3%、当期純利益が前期比+76.9%と大幅な増収増益となりました。

 

f:id:tamtam0824:20181012180117p:plain

 

この結果は、昨年の決算発表時に公表された業績予想を大きく上回り、配当金も30円から35円へ上方修正しました。

 

f:id:tamtam0824:20181012180127p:plain

 

当社は、かつては太陽光発電設備の施工で大きく業績を伸ばしましたが、近年は省エネ事業や電力小売事業などに力を入れ、ストック型ビジネスのウエイトを上げてきました。特に、当期は売上高だけを見れば、電力事業がこれまで主力事業だった再生可能エネルギー事業を上回りました。ただ、電力事業が特に上半期での電力の調達コスト負担が大きかったため、減益となった点が課題だと言えます。 

 

20198月期の業績予想は、売上高は+24.6%、当期純利益+27.7%と、当期の実績に比べると控えめな数字ではありますが、FIT価格が引き下げられたり九州電力再生可能エネルギー事業者に発電停止を求めたりするなど、太陽光発電に対してネガティブな話題が多い中でも高い成長率を維持しています。

 

f:id:tamtam0824:20181012180139p:plain

 

最近は地合いが悪い中、太陽光発電に対するネガティブなニュースから株価が軟調に推移していましたが、本日の終値735円で配当金が35円になりましたので、配当利回り4.76%となりました。さらに、新しい業績予想に基づけば、予想PER5.5倍と割安水準にありますので、さすがにこの株価はもうないと思いますが、週明けの株価の動きに期待したいと思います。

 

f:id:tamtam0824:20181012180317p:plain