たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年10月12日)

運用資産 63,579,067

対先週末 ▲2,107,934円

(うち入出金      ±0円)

対前年末 ▲1,189,060円

(うち入出金 ▲1,500,000円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 23,960,600円 37.7%

J-REIT 12,313,700円 19.4%

米国株(E) 12,856,028円 20.2%

米国株(FI)  12,876,462円 20.3%

現金 1,572,277円 2.5%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20181013072304p:plain

 

この他に、信用買建7,056,100円があります。

 

今週は大きく凹みました。日本株も米国株も大きく下げましたので、このパフォーマンスは当然と言えば当然なのですが、この一週間で一気に景色が変わってしまったように感じてしまいます。とは言っても、今年だけを見ても2月の暴落の時の方がダメージが大きかったわけですし、昨日は日本株も米国株も上げてくれましたので、何とか市場が崩壊せずに踏みとどまってくれたような安心があります。

 

今週のように市場全体が大きく下げた時は、株価ばかり見ていると、何か大変なことが起こったように感じてしまいますが、一歩街に出てみると何も景色が変わっていないことに気付きます。あまり株価ばかり見て翻弄されずに、ファンダメンタルズをしっかり見て、地に足を付けた運用を心掛けたいと思います。

 

また、今週は久し振りに信用取引を使っています。ウエスHD1407)、夢真HD2362)、三菱ケミカル4188)、GMOフィナンシャルHD7177)、オリックス8591)、青山財産ネットワーク(8929)と、細かく分散して保有していますが、現状では若干の含み損となっています。今週大きく下げたウエスHD1407)は昨日の引け後に発表された決算で来週は大きく上げてくれることを期待していますし、GMOフィナンシャルHD7177)は、親会社の保有株の売り出しで需給が崩れて大きく下げ続けていますが、さすがに売られ過ぎだろう思います。油断していると大きくやられることがありますので、信用のポジションはあまり長く持ち続けないよう気を付けたいと思います。