たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年10月26日)

運用資産 61,745,618

対先週末 ▲3,065,773円

(うち入出金 ▲1,000,000円)

対前年末 ▲3,022,509円

(うち入出金 ▲2,500,000円)

 

資産別内訳

日本株(高配当) 23,710,360円 38.4%

J-REIT 12,109,700円 19.6%

米国株(E) 12,354,516円 20.0%

米国株(FI)  12,779,644円 20.7%

現金 792,398円 1.3%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20181027070918p:plain

この他に、信用買建7,876,000円があります。

 

厳しい下落が続きますね。入出金の影響を除いても、とうとう年初来マイナスとなりました。この1週間で軒並み保有株の含み損率が二桁になりました。それにしても、こんなにも簡単に株価が下がるものなのかと、改めてマーケットの恐ろしさを実感しました。

 

個別に見ると、ウエスHD1407)はこのような市場環境の中でも上昇を続けていますが、日本株ではミクシィ2121)、夢真HD2362)、FPG7148)、キヤノン7751)が9%を超える下げ、米国株ではセンチュリーリンク(CTL)、AT&T(T)がドルベースで11%を超える下げと、かなりきつい下げとなりました。一方で、J-REITや、米国株では債券に近い性格のiシェアーズ米国優先株式ETFPFF)、エイリス・キャピタル(ARCC)を保有していたおかげで、ポートフォリオ全体のダメージは緩和されていました。

 

この週末は、保有銘柄の取得価額をいったん忘れ、ゼロベースで業績に懸念がないか、長期でみて成長が期待できるかを見直していきたいと思います。