たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

FPG(7148)の2018年9月期決算

FPG7148)の20189月期決算が本日(10/31)発表されました。結果は、売上高が前期比4.6%当期純利益が前期比▲6.2%と増収減益となりました。さらに業績予想に対する達成率は、売上高が93.0%当期純利益87.2%と、ともに未達に終わりました。

 

第3四半期の時点で業績予想の達成は難しいと思われていましたが、これまで高い成長率で良い意味で期待を裏切ってきただけに、残念な結果となりました。

 

f:id:tamtam0824:20181031212956p:plain

 

(単位:億円)

f:id:tamtam0824:20181031213014p:plain

 

ただ、四半期毎の実績を見ると、第4四半期は売上高が前期比+42.5%、四半期純利益が前期比+60.0%を大幅な増収増益となったことがささやかな救いです。

 

f:id:tamtam0824:20181031213035p:plain

 

来期の業績予想は、売上高が+13.6%当期純利益+11.6%と二桁の増収増益を見込んでいます。

 

f:id:tamtam0824:20181031213047p:plain

 

さらに、配当も当期の49.25円から53.00円へ3.75円の増配を発表したほか、株主還元政策の指標としてDOEを採用し、ROE30%程度、DOE15%以上という目標を示し、配当だけでなく自社株買いを含めた株主還元を行っていくとしています。

 

当期の決算は残念な結果ではありましたが、来期の成長見込と積極的な株主還元政策を見て、しばらく保有を継続しようと思いました。