たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ミクシィ(2121)の2019年3月期第2四半期決算

ミクシィ2121)の20193月期第2四半期決算が本日(11/8)発表されました。結果は売上高が前期比▲23.8%、四半期利益が前期比▲48.6%と大幅な減収減益となりました。

 

f:id:tamtam0824:20181108213920p:plain

 

同時に業績予想の下方修正も発表しています。

 

f:id:tamtam0824:20181108213927p:plain

 

元々大幅な減益を予想していましたが、更なる下方修正となりました。配当金も前回予想の年間124円から120円に下方修正しています。

 

主力のエンターテインメント事業では、未だにモンスト一本しか収益の柱はありませんし、さすがに賞味期限切れだろうと思いますし、今後育てていかなければいけないライフスタイル事業は「チケットキャンプ」で大きくコケてしまいました。

 

本日の終値2,586円で下方修正後の予想EPS356.58円なので、予想PER7.25倍で、年間配当が120円なので、配当利回り4.64%となります。

 

そんなダメなミクシィですが、それでも僕が保有しているのは、業績はダメながらも低PER、高配当で、無借金経営でありながらキャッシュを1,479億円保有している点を評価しているからです。そのうちM&Aで大きく復活してくれることを期待して気長に待ちたいと思います。