たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

今週のパフォーマンス(2018年12月14日)

運用資産 61,057,668

対先週末 ▲503,953円

(うち入出金 ±0円)

対前年末 ▲3,710,459円

(うち入出金 ▲2,500,000円)

 

資産別内訳

日本株(大型株) 15,220,950円 24.9%

日本株(中小型株) 19,715,600円 22.5%

米国株(E) 12,762,109円 20.9%

米国株(FI)  12,643,514円 20.7%

現金 715,495円 1.2%

*(E)はEquity、(FI)はFixed Incomeの略

 

f:id:tamtam0824:20181215085656p:plain

この他に、信用買建5,648,500円があります。

 

 

 

 

 

このところマーケットは、短期間で悲観と楽観を目まぐるしく繰り返しながら、じりじりと下げています。一喜一憂を繰り返して気が付けば資産が減っている状況は、まるでギャンブルでもやっているかのようです。

 

四季報P6P7に掲載されている「業種別業界展望」を見ると、前号と比べた今期予想の増減に▲印が明らかに多くなっています。このことから、今の株価の下落は需給だけでなく、企業業績の先行きを反映したものと言えるのかもしれません。

 

個別株を集めたものが指数ですが、指数を見ても個別株はわかりませんので、個別株のファンダメンタルズと株価をにらみながら、過度に悲観的になることなく今のスタンスを維持したいと思います。