たむたむの配当金生活への道

草食系投資家のたむたむが、高配当株への投資で夢の配当金生活を目指します。

ドミニオン・エナジー(D)から配当金が入金されました(2018年12月)

f:id:tamtam0824:20181227220755j:plain

 

暴落が続いた米国株ですが、昨日はNYダウが1,000ドルを超える過去最大の上げ幅で、悲観一色だったマーケットも冷静さを取り戻してきたように思われます。

 

ジェットコースターのような株価の乱高下の中では数%に過ぎない配当金は誤差のようなものですが、マーケットで生き残り、確実に資産を増やしてく上で、高配当株分散投資はベストとは言えないかもしれませんが、ベターではあると思います。

 

 

 

 

 

荒れたマーケットの中で、ドミニオンエナジーD)から2018年配当金が入金されました。1株当たり配当金が0.835ドル、基準日時点で180保有していましたので、源泉税を差引いて、107.82ドルとなりました。

 

1226日の終値72.3ドル、年間配当金が3.34ドルなので、配当利回り4.62%です。年初は80ドルを超えていた株価は、原油価格の高騰で6月には63ドルを切るところまで下げていましたが、それ以降は原油価格が下落したお蔭で、マーケット全体が沈む中では堅調に推移していました。

 

f:id:tamtam0824:20181227220946p:plain

引用:morningstar

 

 

 

 

 

 

分散投資をしてポートフォリオ全体の値動きを抑えつつ、高利回りの配当金収入を積み重ねていく上で、通信やIT業界と異なる値動きをする公益株の存在は、僕にとってはとても貴重です。

 

 

 

www.tamtam-dividend.xyz

 

 

www.tamtam-dividend.xyz